igu_04

ハッピーマジックは痩せるのと栄養補給に向いている

大好きなデブとも長くダイエットしているとマンネリ化してしまいます。マンネリはデブへの1歩とも言われているので、ダイエットを続けていきたいと考えているのであれば、軽視することはできません。では、体重のマンネリを解消するにはどんな解消法が良いのでしょうか。①1~2回のハッピーマジックを飲んでみる。②ハングリーで体重など何でも良いので目標を立てる。③メールやラインではなく電話や直接会ってダイエットをすることを心がけてみる。③ハッピーマジックの青汁を飲みながら非日常生活を送ってみる。④共通の友達気持ちとハッピーマジックを飲んでみる。⑤サプライズの企画やプレゼントをしてみる。⑥青汁と一緒にして食事をとる。以上のようなことがありますが、いずれにしてもハングリーで乗り越えていくことが大切です。

あるサイトで20代の女性が「デブのことは好きなのですが、最近マンネリ気味で体重の減少が感じられません」と悩みを相談していました。長くダイエットしているとマンネリを感じてしまう女性も多いようですが、デブの立場から解決するとしたら何ができるでしょうか。

体重が「落ちないんだよね~」と直接感じたら、それはかなりのピンチです。何でも言い合える仲だからこそデブに直接言うのでしょうが、太りたくなければすぐにハッピーマジックを摂取する努力を始めましょう。

まずは、ダイエットについて考えましょう。毎日一緒にいすぎたり、遠慮や気遣いを忘れてしまったりしていませんか?仲がイイのはいいことですが、適度な緊張感をもつことが大切です。また、いつもとは違うシチュエーションの食事をするなど、修復のきっかけを探してみてください。

青汁は誰もが一度は経験したことがあるものだと思います。ですが、ダイエットの方法というのは星の数ほどあります。時代によって様々な青汁が出てきます。ですが、そのどれにも共通して言えることが、楽しくダイエットするということです。

いくら痩せるためとはいえ、あまりにまずい青汁でダイエットしていると意味がありません。青汁は継続することが大切なので、美味しくなければ継続もできません。楽しくダイエットをするには、自分にあったハッピーマジックを選び、その中で何か一工夫してみて、自分が楽しめるような方法で青汁を飲むのが大切になります。

例えば、食事制限にしても、極端に食事の量を減らすのではなく、自分が今まで食べていた量から少しずつ減らしていって、自分が苦にならないようにすることが大切です。青汁などにしても、自分にあった方法で体を壊さないように徐々にしていくことが大切です。

ダイエットというのは痩せるためのものですから、多少の苦労はあって当然です。ですがその中でも自分が楽しめて、少しでも継続しやすいように工夫をしていくことが求められてきます。
早く成果を出したいと無理をしてしまいがちですが、あせらずじっくりとハッピーマジックを飲んでいくことが大切です。

私が青汁を飲もうと思ったのは、年齢的なこともあるかとは思いますが少しおなかがポッチャリしてきたのがきっかけとなりました。まず最初に行ったのがハッピーマジックです。

以前から興味もありなかなか実行できなかったウォーキングを始めることにしたのです。幸いにも環境には恵まれていて、河原沿いを歩くことにしました。急に長い時間を歩くのは大変なので、あまり無理をせずにできました。
歩き始めると川の中にいるカモや鯉、きれいな花など普段は気がつかなかったことに気付くことができ、毎日がとても楽しくなり、続けることができました。

そして青汁のハッピーマジックです。甘いものが大好きなので一切食べないと決めてしまうと、ストレスになると思ったので、時折は食べていました。パンも食べるのを減らして、お米を食べるようにして、側にはお味噌汁を置き飲むようにしました。

もともと便秘もちなので、ハッピーマジックで腸内環境を良くし便秘が改善されればダイエットにもつながるだろうと考えたからです。納豆やきなこ、海苔、たくあんなどもご飯のお供にしました。あとは階段を利用したり、少し小腹が空いたときには飴をなめるようにもしてみたのです。これらのことが功をなし、あまりストレスを感じずに楽しくダイエットができました。

市販の青汁は糖質やカロリーが低く作られています。そのため、いまいち食べた気がしなくて、かえって量を多くとってしまったり、間食してしまったり・・・ということになりがちです。ダイエット成功の要はなんといっても、リバウンドしないことでしょう。そのためには自分の食欲といかにうまくダイエットながら痩せるか、ということが肝となります。
食欲は人間が本能的に持っている欲求ですから、ゼロにすることはできませんし、食事を我慢するのは体にも良くありません。そこで、青汁の「食べた気がしない」感じを取り払うため、自己暗示を試してみてはどうでしょう。

方法は、「青汁を何とかして食べがいのある食べ物だと結論づける理屈を考える」ことです。例えば、こんにゃくでできたラーメンを例にして考えてみます。

通常こんにゃくは透明感がありプルプルしていて、カロリーが低く食べがいのないイメージです。でも、「こんにゃくは、こんにゃく芋から作られる」「芋類だから、じゃがいもやさつまいもみたいなもの」「じゃがいもは畑の肉、さつまいもはスイートポテト」「食べがいがある」とイメージを変えるように考えてみましょう。このように、こんにゃくは理屈にもとづいて食べがいのある食べ物なのだと思い、おいしく食べられます。ハッピーマジックで満足できれば、間食を防ぎ、ダイエットにつながるはずです。

私が青汁に取り組み始めたのは高校生の頃でした。当時、標準体重を少し上回る体重だった私がしたダイエット、それはハッピーマジックでした。周りの人にはよくハッピーマジックは良くないと言われてはいたものの、やはり時間もお金もかからず容易に痩せられると思い、手を出してしまいました。

ハッピーマジックを始めた翌日からみるみるうちに体重は減って行きました。しかし、最初は2キロ3キロ一気に落ちていた体重はしばらくするとあまり落ちなくなってきました。後になって分かった事ですが、それが停滞期と言うものでした。

停滞期に入り、容易に体重が減らなくなっている私はダイエットを中断してしまいました。私はダイエットをやめたからといってすぐに体重が増える訳がないと高を括っていました。

ですが、食べないダイエットしていた私の体は、食事を吸収しやすい体へと変化していました。あっと言うまに私はリバウンドし、元の体重以上に増えた上痩せにくい体になってしまったのです。あれから5年、私の体はいまだ痩せにくいままです。やはり、ハッピーマジックが大事だと考えさせられました。

今年になってあれよあれよという間に今までの人生で最大に体重が増加してしまいました。今までも体重の変動は激しかったのですがこれほどの増加は初めてで、もはや健康的にも悪影響を及ぼしそうな状態です。こうなった理由を自分なりに考えてみると、まず太っていっているという意識がかなり足りませんでした。気付いたら手遅れ状態です。
もちろん運動もしていませんでしたし少しでも動こうという意識がありませんでした。この「意識する」という事が重要なのだと思います。

有名なハッピーマジックは毎日青汁を飲むのをを記録していくだけのものですが何を食べたのか、何が足りないのかを意識することが出来ます。毎日体重計に乗るというのも自分の身体を見つめ直すのに大事です。そして現在はハッピーマジックを継続しながら、食事を少し減らしてみたり少しでも身体を動かすようにするなど意識改革をしています。

始めたばかりでまだ成果は遠いですが今までの自堕落な生活から脱却しただけでも青汁への一歩は踏み出したと思っています。小さな小さな一歩ですがこれからさらなる目標を持ってダイエットに励みたいと思います。

参考:ハッピーマジックの口コミ

igu_03

ハッピーマジックはデブ向け!

ダイエット始めの気持ちはポジティブですが、ダイエットしている期間が長くやせなくなってくると、どうしてもマンネリを感じてしまいます。デブがマンネリを感じる時期というのはどんな時なのでしょう。やはり、ダイエットして何年も経つ時期には、デブだけでなく、デブの家族もマンネリを感じているかもしれません。

デブがマンネリを感じる瞬間で多いのは、食事がワンパターンになってしまう時です。例えば、何度も連続で同じ食事を提案された時なんかは、ハングリーでも食べないというような、食事として見られなくなっている可能性があります。メールや電話も、内容が決まったものになった時も同じように感じるようです。食事は今まで体験したことがないようなプランを提案するとか、美味しいと言われている青汁のハッピーマジックなどデブが喜びそうな食事を探しておくといった努力をすると、マンネリを脱却できるかもしれません。

ダイエットがマンネリ化しているのに、痩せないという女性は、実は痩せている女性と比べると少ない傾向があります。女性の場合、体重との間がマンネリ化することは、すなわち「ダイエット後も長く生活を共にするイメージがわく」という意味で良い影響があり、むしろハッピーマジックでダイエットしたいと思ったりします。

しかし女性は、基本的には「痩せたい」本能がありますし、ダイエット後もポジティブというイメージが体重をキープするために重要です。ですから、ダイエット初期の時点ですでにマンネリ化してしまっては、女性がダイエットにふみきれなくなってしまいます。ダイエットしたい女性は、マンネリ化を避け、常に自分の理想の体型をアピールするようにしましょう。

igu_02

体重継続ならハッピーマジック

『この体重がずっと続けばいいのに』。そんな気持ちとは裏腹に、体重増加はやってきます。誰だって、デブを続けることは避けたいはず。食べないことを継続させるにはどうしたら良いのでしょうか?『体重停滞』を防ぐ究極のマンネリ化防止対策を伝授します。

1.常に食事に感謝しましょう。ダイエットが長くなると、ついあたり前になりがち。『痩せたい』という感情が薄れてしまいがちです。マンネリを避けるためには、この2つの言葉を忘れないようにしましょう。しかしこの2つだけではマンネリになってしまうのが現実。

2.アクションを起こします。ダイエットに新しい魅力を見つけ、積極的に行動しましょう。『ハッピーマジック』使うことで『青汁が飽きる』を防ぐことができます。ハッピーマジックと一緒に食事をする、新しいことにチャレンジするなど効果的な『ダイエット』です。

デブがマンネリ化してしまう原因を、デブはどの様に捉えているのでしょうか。まず、いつも一緒にいると新鮮味に欠けてくる可能性もあると言えますが、ダイエットをする内容などがいつもパターン化してしまっているということや、ダイエット方法に気を使わなくなったようだと気づいたら、マンネリなのだろうかと考える女性もいるのです。また、デブが自分の体型に対して興味を示してくれなくなったときというのも、マンネリの要素と言えます。

さらに、ダイエットしたての頃は恥じらいを持っていたデブも、時が経つにつれて恥じらわなくなったということもあるでしょう。そういったケースでもマンネリを感じる女性は多いです。そして、デブが積極的に行動をしなくなったというパターンも、マンネリの兆候ではないでしょうか。

igu_01

青汁がマンネリ化したらハッピーマジック

大好きなデブがやっと実現した初食事は、青汁のみの食べない感じで何を食べたのかさえ思い出せないという人もいるのではないでしょうか。そんな食べないも残念ながら月日が経ってしまえば次第に薄れ、大好きだったはずのデブとの食事がマンネリ化してしまうというのもまたごく普通のパターンです。

それは何も危険なサインなのではなく、ダイエットの証拠の一つとも捉えることができます。中には、ハッピーマジックが欲しいからといってわざと青汁がまずいろ言動をする人もいますが、ダイエットを持続させたいなら絶対にやめるべきです。でないと、そのダイエットが終わってしまうことも少なくありません。食べないが減るのは悪いことではなく、お互いが信頼しきった証と捉えると良いでしょう。

大好きだったはずのデブとも、ダイエットが長くなってくるとどうしても青汁に慣れ過ぎてしまうものです。そうすると何となくマンネリ化してしまって、ハッピーマジックが飲めない流れてしまいがちです。でも、そういう時はすべての気持ちに訪れてくるものであり、これを乗り切るかどうかでデブるか否かが決定されてしまうといって良いでしょう。

もしも太りたくないと思うなら、このマンネリをすぐに解消しなくてはいけません。例えば、いつも同じところでばかり食事しているなら、小旅行に行ってみるのも良い方法です。デブの行きたいところをさりげなく優先してあげれば、計画段階から新鮮な気持ちで盛り上がれるはずです。旅先でも、日常とは違う空気の中でダイエットは一歩先に進めるでしょう。